• Home 慰謝料の種類

慰謝料の種類

このページでは、まず慰謝料の種類を説明します。交通事故については、精神的苦痛への対価としての慰謝料だけでなく、治療費用や入院雑費、通院費、休業損害を加えて受け取れる金額を考える必要があります。また、慰謝料そのものも、3種類に分類されています。

そのひとつが「後遺障害慰謝料」で、その名の示すとおり、交通事故によって受けた傷が治癒しないまま残り、機能障害や神経症状などが発生してしまっているときに受け取れる慰謝料です。ムチ打ち程度の軽いものから下半身不随などの重度のものまで、幅広い症状が含まれており、その程度で等級という分け方がされています。

2つ目が「入通院慰謝料」です。交通事故に遭って受けた傷の治療・入院にかかった、もしくはかかると予想される金額を賄うための慰謝料です。これについては、入通院が必要な期間と怪我の影響を考慮して、金額が決定されます。この金額は、裁判所や弁護士の基準よりも、保険会社の基準のほうが低く設定されてしまっています。

最後の一つが「死亡慰謝料」です。これは交通事故被害者が死亡した際に、その遺族に支払われる慰謝料です。できれば受け取らずに痛いものですが、万が一のときには正当な金額を受け取れるよう、十分に弁護士などに相談しましょう。