• Home You are currently viewing the category: 未分類

慰謝料の計算

このページでは、交通事故被害を受けた際の、慰謝料の計算方法について説明します。慰謝料には3種類あり、その合計で慰謝料総額を算出することが出来ます。そして慰謝料の金額の基準には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3種類があります。この中でも、比較的正確に予想可能な自賠責基準を用いて慰謝料を計算します。

まず、入通院慰謝料は1日あたり4200円と決められており、単純に (治療期間(日))×4200[円] で計算できます。そして後遺障害慰謝料の計算では、まず障害の等級というのを決めます。これは障害の重大さによって判定され、第1級から第14級まであります。第1級に近いほどより重大で慰謝料も高額、第14級に近いほど軽症で慰謝料も低額です。

そしてその慰謝料の金額は、自賠責基準では第1級で1100万円、第14級で32万円が上限となっています。また、これはあくまで上限であり、同じ等級内でも障害の多寡によって金額が変動することに注意してください。

最後に、死亡慰謝料の計算方法を説明します。これは自賠責基準では死亡した被害者がどのような立場の人物でも一律350万円が支払われることになっています。非常に単純に見えますが、死亡慰謝料は弁護士基準ではとても高額かつ立場によって変動し、一家の大黒柱たる人物が死亡した場合では2800万円から3600万円ほどの慰謝料が受け取れますので、その場合には弁護士への相談をおすすめします。


慰謝料の相場

このページでは、自動車事故の慰謝料の相場について説明します。慰謝料の金額は保険業界と弁護士業界では計算方法が違っており、ここではそのうち、弁護士業界で定められている計算方法について説明するということです。

交通事故における慰謝料は3つに分けられます。まず一つ目は、「後遺障害慰謝料」です。交通事故被害の影響で受けた傷などが、後遺障害として残ってしまった場合に受け取ることが出来ます。また、精神的な後遺障害にも対応してくれます。そして後遺障害慰謝料の、弁護士業界での基準は、最も深刻な第1級で2800万円、最も軽微な第14級で110万円となっています。

2つ目は、入通院慰謝料です。交通事故被害によって入院、もしくは通院が必要になった期間に応じて計算されます。弁護士基準では、最低額が1月の通院で19万円というもので、最高額は特に決まっておりません。入通院の期間に応じて支払われるので、当然といえば当然のことです。最も、短期間で済むに越したことはありません。

最後の一つが、死亡慰謝料です。読んで字の如く、被害者がなくなってしまったときに受け取れる慰謝料です。これは死亡者の立場によって相場が異なっており、最も高額なのは一家の支柱たる者が死亡した際の2800万円から3600万円というものです。確かに高額ですが、できれば受け取りたくはないものですね。