• Home You are currently viewing the category: 未分類

慰謝料の種類

このページでは、まず慰謝料の種類を説明します。交通事故については、精神的苦痛への対価としての慰謝料だけでなく、治療費用や入院雑費、通院費、休業損害を加えて受け取れる金額を考える必要があります。また、慰謝料そのものも、3種類に分類されています。

そのひとつが「後遺障害慰謝料」で、その名の示すとおり、交通事故によって受けた傷が治癒しないまま残り、機能障害や神経症状などが発生してしまっているときに受け取れる慰謝料です。ムチ打ち程度の軽いものから下半身不随などの重度のものまで、幅広い症状が含まれており、その程度で等級という分け方がされています。

2つ目が「入通院慰謝料」です。交通事故に遭って受けた傷の治療・入院にかかった、もしくはかかると予想される金額を賄うための慰謝料です。これについては、入通院が必要な期間と怪我の影響を考慮して、金額が決定されます。この金額は、裁判所や弁護士の基準よりも、保険会社の基準のほうが低く設定されてしまっています。

最後の一つが「死亡慰謝料」です。これは交通事故被害者が死亡した際に、その遺族に支払われる慰謝料です。できれば受け取らずに痛いものですが、万が一のときには正当な金額を受け取れるよう、十分に弁護士などに相談しましょう。


慰謝料取得のために

当サイトでは、交通事故に巻き込まれたときに、どういった手順を踏んで慰謝料を請求するべきなのかについて紹介しています。交通事故に遭ってしまったとき、より多くの慰謝料を受け取りたいと考えるのはとても自然なことです。そしてそのために必要な行動のひとつが、弁護士にいらいをすることです。残念ながら、これといった法律関連の資格を持たない一般の方が保険会社と交渉したところで、保険会社は慰謝料の増額にはまず応じてくれません。保険会社というのは、当然ながら、弁護士などの法律関連の人材も保有しており、一般人が交渉しようとしたところで歯が立ちません。

そのため、保険会社から受け取れる慰謝料を増やすためには、こちらも弁護士に頼るのが最善手なのです。なお、交通事故の慰謝料には3つの種類があり、されにそのなかでいくつもの等級に分かれています。これについては、何も交渉をしなければ保険会社が判定することになりますが、弁護士に依頼することで多くの場合等級を引き上げ、慰謝料の金額を増やしてもらうことが出来ます。
実際にも、弁護士が交渉することで保険会社が提示した金額よりも970万円多いお金を受け取れたケースもあります

とはいえ、上記のような極めて大幅な慰謝料の増額はそれなりの重傷を負った場合であり、流石にここまでの増額は珍しいのが現実です。弁護士との相談で、どれぐらいの増額が期待できるのかを確認してから、依頼するかしないかを決めると良いです。